自由に楽しめるソリティアの魅力

> ひとりでじっくり遊ぶ

ひとりでじっくり遊ぶ

「ソリティア」というゲームを知っている、名前を聞いたことがある人は、かなり多いのではないでしょうか。世界中でトップシェアを誇るパソコンOSであるWindowsにはいくつかのゲームタイトルが標準添付されています。その中にソリティアが含まれていることから、「ソリティア」といえばWindowsユーザーにとっては馴染みのある、聞き覚えのあるタイトルなのです。正確に言えばWindowsに添付されているゲームは「クロンダイク」というプログラムですが、なぜ、「ソリティア」という名称で添付されていたのかといえば、ソリティアは「ひとりで遊ぶことができるゲーム」という意味を持っているからです。Windowsがリリースされた頃は、まだソーシャルゲームやブラウザゲームが盛んではなかったことから、パソコンでゲームをする場合、その多くは「ひとりで遊ぶことができるゲーム」でした。

今スマホゲームで流行っているような対戦型やチームを組んで行う冒険型ではない、ひとりでじっくり遊ぶゲームが好きだという人はことのほか多いものです。スマホゲームの配信企業は、そのような人たちを対象にしたゲームの配信も考えるべきでしょう。そのためにお勧めなのが、「ソリティア」です。ソリティアにはひとりで遊ぶことができるカードゲームやボードゲームがたくさんあります。その中からいくつかを選んで組み合わせることによって、ボリュームのあるゲームとして楽しんでもらうことができますし、ひとりで心行くまでゲームを楽しみたいという人にも満足してもらえるでしょう。最近は食事や旅行などをひとりで楽しむ「おひとり様」が増えていることから、ゲームにもそうした需要があるのです。

配信の際はそうした部分をアピールするよう心がけ、制作パートナーには「エーステクノロジー」のような、実績と経験が豊富な企業を選び、どういったゲームを作るべきかをしっかり考えることが大切です。